※本サイトには、商品プロモーションが含まれています。

安野貴博の父親と母親はどんな人?兄弟はいる?家族構成について詳しく解説!

生活

最近話題といえば「東京都知事選」、過去最多56人もの候補者が出馬していてニュースで見かけない日はありません。その中で注目なのが安野貴博さん!「作家」「起業家」「AIエンジニア」と多岐にわたり活躍されています。異色の経歴の候補者安野貴博さんのプライベートも気になりますよね。そこで今回は安野貴博さんの父親・母親・兄弟について家族のことについて詳しく調べてみました。

安野貴博の父親はどんな人?

安野貴博さんの父親はどんな人か調べたところ、会社員であることがわかりました。機械工学のエンジニアという情報もありますが、安野さん自身公表されていないのでわかりません。

ただ、安野貴博さんがエンジニアリングに興味を持ったきっかけは小学校3年生くらいの時に親が初めてWindows PCを買ってくれたこととインタビューで話しています。小学3年生でパソコンを買ってあげるということは父親もエンジニア・IT関係のお仕事をしているかパソコン関係に詳しい可能性が高いです。

その後プログラミング言語に興味を持ちプログラミングに関する知識や資格を習得、東京大学に入学して、卒業後2社ご自身で起業、さらに小説家としてデビューもしています。今の安野さんがあるのは、さまざまな挑戦をさせてくれたご両親の支えがあったからかもしれませんね。

安野貴博の母親はどんな人?

安野貴博さんの母親についても調べましたが、こちらも詳しいことは公表されていませんがパートとして働いていたということがわかりました。IT企業のプログラマーという情報がありますが確実かはわかりません。

パソコンのプログラミングを始めてから安野さんは次々と興味が出たことと思います。子どもがやりたいということを事をやらせてあげることは大変なことです。それでも安野さんのさまざま挑戦を支えたご両親の心は寛大ですね。

安野さんのXでは「親に親知らずの数を知られてしまった」「親にSpotifyいいよと勧めた」とあるので親子で連絡を取りあっているようですよ。

安野貴博に兄弟はいる?

安野貴博さんに兄弟がいるのかについても調べましたが、公表されていないのでわかりませんでした。親とのやり取りは安野さんのXでポストされていますが、兄弟のことはないことから一人っ子なのかもしれませんね。

「東大出身」「作家、起業家、エンジニア」「数々の賞を受賞」「M-1の2回戦進出」「東京都知事選出馬」ほか多数の肩書、もし兄弟がいたら自慢になることは間違いないです。

安野貴博は結婚してる?

安野貴博は結婚してるのか調べてみたところ、結婚されていることがわかりました。妻のお名前は安野里奈さん。Xでのアカウント名「りなくろ」で日々の出来事をつづられています。2017年のポストでは「結婚して2年経つ」と書いていたので結婚したのは2015年のようです。

里奈さんは夫の安野貴博さんと同じく東京大学工学部です。工学部で都市工学を学んでいましたが、途中文学部に転学部しいています。お二人とも東京大学工学部ということで、出会いは大学だった可能性が高いです。かなり高学歴のご夫婦ですね。

そんな里奈さんの職業は文藝春秋の編集者で小説の編集をしているそうです。安野さんが優秀賞に選ばれた「ハヤカワSFコンテスト」でも、「妻が伴走してくれた」と里奈さんによるサポートがあったと言っています。

小説出版の際もですが東京都知事選においても里奈さんは最高の理解者ですね。忙しい中でも「妻とボードゲームを遊ぶ時間がホッと一息つける瞬間」とインタビューで答えていてご夫婦の仲の良さが伺えます。

安野貴博には子供はいる?

安野貴博さんには子供がいるのかも調べたところ、非公表のためわかりませんでした。ネットの噂では子供はいない可能性が高いといわれています。安野貴博さんと妻の里奈さんとは2015年頃結婚しているので、子供がいても不思議ではないですよね。

ただ2人のSNSや動画の発信を見ていると、自身の子供についての発信が少ないので、私も安野貴博さんには子供はいないと考えています。今後誕生する可能性もありますし、もしかするとディンクス(DINKs)ということもありますよね。

安野貴博の経歴は?

安野貴博さんの経歴をまとめてみました。挑戦する原動力は「好奇心」という安野さんは多くのことに挑戦し、ジャンルを超えて数々の賞を受賞しています。ロボットのペッパーとお笑いコンビを組んでM-1にも出場していたのは驚きですね!

安野貴博 経歴
1990年生まれ。
開成中学校・高等学校卒業
2008年:高校在学中ネット友達と作った全自動画像命名サービス「ねみんぐ!」リリース。
2009年:東京大学理科一類入学。その後工学部システム創成学科知能社会システムコース松尾研究室にてAIや機械学習を学ぶ。
2012年:休学してサンフランシスコのデザイン会社、ビートラックスにてインターンを行う。
2014年:大学卒業。ボストン・コンサルティング・グループ入社
2015年:IPA未踏スーパークリエータに認定。Pepper(ロボット)と人間のお笑いコンビ「ペッパーズ」としてM-1グランプリ出場2年連続1回戦突破。
2016年:AIチャットボットの株式会社BEDORE(現PKSHA Communication)を創業。
2018年:リーガルテックの株式会社MNTSQを共同で創業。
2019年:「コンティニュアス・インテグレーション」で第6回日経星新一賞優秀賞を受賞。
2021年:SF小説「サーキット・スイッチャー」で第9回ハヤカワSFコンテスト優秀賞を受賞(2022年1月早川書房より刊行され小説家としてデビュー)
2022年:日本SF作家クラブ入会
2022年:英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アートに入学、準修士号を取得。デジタル庁のデジタル関係制度改革検討会 デジタル法制ワーキンググループ構成員に選出
2023年:「アジアデジタルアートアワード福岡」インタラクティブアート部門大賞を受賞。「第2回AIアートグランプリ」優秀賞を受賞。岸田文雄首相らと意見交換。NHK「クローズアップ現代」にSF作家・AIエンジニアとしてゲスト出演。
2024年6月6日:東京都知事選挙への立候補を表明。

安野貴博プロフィール

・本名:安野 貴博(あんの たかひろ)
・生年月日:1990年
・年齢:33歳(2024年6月現在)
・出身地:東京都文京区
・出身校:開成中学・高等学校→東京大学
・職業:AIエンジニア、SF作家、起業家
・主な受賞歴:第6回星新一賞優秀賞(2019年)、第9回ハヤカワSFコンテスト優秀賞(2021年)、アジアデジタルアートアワード福岡インタラクティブアート部門大賞(2023年)、第2回AIアートグランプリ優秀賞(2023年)

>> 今すぐチェック!安野貴博さんの著書を読めば魅力がさらにわかる!

まとめ

今回は東京都知事選に出馬を表明した安野貴博さんについて調べました。父は会社員、母はパートで働いていたことがわかりましたが、兄弟がいるかはわかりませんでした。安野さんのXによると親子で連絡を取りあっていることから仲が良いようです。

結婚されていて、妻のお名前は里奈さん。同じく東京大学出身で現在は文藝春秋の編集の仕事をされています。とどまることのない好奇心と挑戦、今後の安野貴博さんに注目です!最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました